がん

「知りたい情報」は患者によって異なる

 

これはがん患者に限らず、あらゆる患者についても言えることですが、「知りたい情報」というのは患者によって異なります。たとえ全く同じ情報でも、Aさんにとっての情報の価値と、Bさんにとっての情報の価値は大きく違うのです。

 

患者によって知りたい情報が違うので、医師はそれぞれの患者に適した情報を伝える必要があります。言わずもがなですが、医師はエスパーではないので、目の前の患者がどのような情報を知りたがっているかを完璧に読み取ることはできません。

 

情報を事細かく説明しようとした場合、時間が足りなくなって、尻切れトンボに終わってしまいます。その一方で、情報の要点だけを説明しようとした場合、患者にうまく伝わらなくなってしまいます。まさに、痛し痒しといったところです。

 

医師側が患者側の要望を察知するのにも限界があります。そのため、患者側が自身の要望を医師側に対してしっかりと伝えなければなりません。「医師なんだから、これぐらいのことはわかってくれるだろう」という考えは捨て去るべきです。

 

世の中には、医師のことを神格化している人も少なくありません。しかしながら、医師は患者と同じ人間です。完璧な人間が存在しないのと同様に、完璧な医師もまた存在しないのです。医師を信頼するのは良いことですが、医師を絶対視するのは良くありません。良くないどころか、医師を絶対視することは、医療訴訟などの様々なリスクを増大させることにつながるので非常に危険です。

 

いつの時代にも、「医師は自分のことをわかってくれない」と歎く患者は一定数います。ですが、そのような患者の大半は、「自身の要望を医師側に伝える努力」を怠っているのです。これは医療の分野に限らず、あらゆる分野についても言えることですが、自主性を持って積極的に行動できるかによって、物事の結果は大きく変わってきます。

 

その他

「どこまでの情報を伝えてほしいか」を医師にしっかりと伝えることが大切

 

がん患者に限らず、患者の中には、「医師が伝える情報」に敏感な人も少なくありません。そのような人は、「医師がこういう情報を伝えたということは、こういうことなのではないか」というように、情報の裏に隠されているものを自然と勘ぐってしまうのです。

 

もちろん、医師が伝える情報の裏を探ることは大切です。医師が伝える情報を「額面通り」に受け取ってしまうと、後に医療訴訟などのトラブルに発展する可能性が高くなります。医師側が伝える情報をただ受け取るのではなく、患者側で「情報の取捨選択」を行わなければなりません。

 

医師側と患者側の齟齬を少なくするためには、患者側が「どこまでの情報を伝えてほしいか」を医師側にしっかりと伝える必要があります。「医師は医療のプロフェッショナルなのだから、情報の伝え方には習熟しているはずだ」というのは患者側の勝手な思い込みに過ぎません。医師もまた人間である以上、完璧な存在ではないのです。

 

どこまでの情報を伝えてほしいかを医師側にしっかりと伝えれば、医師側は、それぞれの患者の性質に合った情報を提供してくれます。その上で、「もっと詳しい情報が知りたい」と思うのであれば、セカンドオピニオンなどを受ければ良いのです。

 

ただ、セカンドオピニオンというのは患者に認められた権利ですが、「気軽にほいほいと受けるもの」ではありません。まずは、目の前の医師との意思疎通を良好に行うように努めることが大切です。セカンドオピニオンは、「やるべきことをやった患者に対する救済策の1つ」であるということを忘れないようにしましょう。

 

その他