がん

未来も勘定に入れて物事を判断することの重要性

 

がん患者に限らず、重篤な病気の患者の場合、現在だけではなく、未来も勘定に入れて物事を判断することが大切です。現在だけを勘定に入れて物事を判断すると、失敗する可能性が高くなるので要注意です。

 

未来も勘定に入れて物事を判断することが大切であるといっても、「瀬戸際」にいる患者の場合、それを実行に移すことは簡単ではありません。追い詰められていて余裕がない人というのは、往々にして判断を誤りやすい傾向にあります。そのような人に対して、「現在だけではなく、未来も見据えて判断した方が良い」と言っても、聞く耳を持たないでしょう。

 

患者の暴走に歯止めをかけられるのは、医師しかいません。治療を行う側は、治療を受ける側とは違って、物事を客観的に判断することができます。短期的な視点ではなく、長期的な視点で物事を判断することができるので、間違いが起こる可能性を最小限に抑えることができるのです。

 

患者の中には、「1日でも長く生き延びること」を最良の目的に据えている人も少なくありません。もちろん、その目的自体は素晴らしいものです。しかしながら、その目的の達成に固執した結果、多大な苦痛を背負い込んでしまい、生きることが苦しくなってしまっては元も子もありません。

 

これは医療に限った話ではありませんが、「凄惨な結末」に至る可能性が高い人が目の前にいる場合、その人をなんとかして救いたいと思うのが普通です。「普通の感覚を維持すること」こそが、凄惨な結末を回避するための唯一の方法であると言えます。

 

その他

延命に固執する危険性

 

がんに限らず、病気の治癒が見込めなくなった場合、治療の目的は治癒から延命に変わります。患者の中には、「治癒が見込めないのであれば、治療をしても意味がない」と考えている人もいますが、そんなことはありません。延命というのは、治療を行う上で重要な目的になり得ます。

 

そもそも「長生きしたい」という気持ちは、人間に本来的に備わっているものです。そのため、治療の目的が治癒から延命に変わったとしても、「長生きを目指す」という根本の目的は変わりません。

 

また、「どの程度長生きしたいか」は人によって大きく異なります。「ありとあらゆる治療を行って、一分一秒でも長生きしたい」という人もいれば、「ほどほどの治療を行って、無理のない範囲で長生きしたい」という人もいます。長生きへの執着度は千差万別です。

 

ただ、長生きへの執着度が高い人の場合、それなりのリスクを覚悟しておかなければなりません。医療技術が飛躍的に向上した現代においても、人の寿命を自由自在に延ばすことは不可能です。その不可能なことに「割って入る」わけですから、そこには相当な無理が生じることになります。

 

もちろん、延命を望むこと自体は悪いことではありません。ですが、延命に固執することは非常に危険です。患者の延命を望む人はたくさんいても、「延命さえできれば、患者がどのような状態になっても構わない」という人はほとんどいません。「延命の形態」を思い描くことは、「患者の人生の終末」を思い描くことなのです。

 

がん治療