遺伝子検査について

遺伝子検査について

 

遺伝子検査とは、遺伝子に変異がないかどうかを調べるために行う検査です。遺伝子に変異が認められた場合、重篤な病気や機能異常を引き起こす可能性があるので、何らかの予防策が講じられることもあります。

 

一口に遺伝子検査といっても様々なものがあります。がんの遺伝子検査の場合、PET検査などでは確認することができない微小がんやがんの前段階の遺伝子異常を発見することが可能です。早期段階で遺伝子の異常を把握しておくことで、治療が後手に回るのを防ぐことができます。

 

がんに限らず、病気というのは、発症してから治療するよりも、発症しないように予防する方が遙かに大事です。病気の治療というのは「後追いの治療」であり、言うなれば後退戦です。後退戦というのは、時間が経てば経つほど、苦戦を余儀なくされます。後退戦という泥沼に陥らないためにも、遺伝子検査などの予防医療を積極的に受けるようにしましょう。

 

ただ、予防医療を受けてさえいれば病気にはならない、ということではありません。たとえ最先端の予防医療を受けていたとしても、病気になるときはなります。予防医療というのは「病気にならないための医療」ではなく、「病気になる可能性を減らすための医療」なのです。

 

予防医療に対して過剰な期待を抱いている人も少なくありません。期待を抱くのは自由ですが、過度な期待は失望の要因になります。予防医療というのは、お守りのようなものです。お守りを持つことで「精神の安定」を図ることは可能ですが、「身体の安定」を図ることは不可能です。これは予防医療に限った話ではありませんが、特定の事象と接する際には、適度な距離を保ちながら接することが大切です。

 

がん予防

ウモ・ウモグリーン