がんの再発予防としての漢方薬利用

がんの再発予防としての漢方薬利用

 

漢方薬は、がんの再発予防としても利用されています。がんの再発予防として利用されているのが「抗がん漢方薬」と呼ばれる種類の漢方薬です。抗がん漢方薬は、文字通り、「がんに抗うための漢方薬」です。

 

がん治療が一通り終わって、医師からのお墨付きを得たがん患者が最も懸念するのが、がんの再発です。がんの種類や病期によって再発率は変動しますが、日々の生活の中で再発予防を心がけなくてはならないという点では一緒です。

 

もちろん、どんなに徹底してがんの再発予防策を行っていたとしても、再発するときは再発します。がんが再発するかどうかは運に依る部分が非常に大きいので、がん患者がいかに努力をしようとも、がんの再発率を大きく低下させることはできません。

 

ただ、「がんの再発予防策を行ったとしても、再発率を大きく低下させられないから、なにもしない方が良い」ということにはなりません。再発率を大きく低下させられなくても、小さく低下させることはできます。その「小さな低下」に効果を発揮するのが、抗がん漢方薬などの漢方薬です。

 

抗がん漢方薬を利用することによって、身内の免疫力を高めると同時に、血液の循環や新陳代謝の改善効果が期待できます。抗がん漢方薬を上手く利用して、がんの再発予防に役立てましょう。

 

がん予防

ウモ・ウモグリーン