がんに効果があるといわれている食品

がんに効果があるといわれている食品

 

がん患者の予後(治療後の見通し)と野菜の摂取量には密接な関係があります。アメリカのフォスター博士の調査によると、がんが自然退縮(自然に消えてなくなること)した200人を調べたところ、そのうちの約90パーセントが食事の内容を大きく変えていました。その食事の内容を詳しく調べると、「菜食主義的な食事」だったことが明らかになりました。

 

また、がん患者には、野菜の摂取量だけではなく、大豆製品の摂取量も重要であるといわれています。愛知がんセンターの調査では、豆腐を週に3回以上食べている人は、再発などによるがん死の危険率が0.65に減ることが報告されています。

 

上記のように、野菜や大豆製品を多く摂ることで、がんの予防や治療にある程度の効果があることは、多くの研究によって明らかにされています。ここで注意しなければならないのは、がんの予防や治療に「ある程度の効果がある」ということであり、「劇的な効果がある」というわけではないことです。野菜や大豆製品を多く摂ればがんが治るのであれば、こんな簡単な話はありません。

 

がんの発生を予防する効果があるといわれているのが 「アブラナ科の野菜」です。アブラナ科の野菜としては、キャベツやブロッコリーなどが知られています。アブラナ科の野菜の辛味成分である「イソチオシアン酸塩成分」には、身体内の解毒酵素の働きや抗酸化力を高める効果があるとされています。

 

その他にも、ショウガの成分である「ジンゲロール」や「ショウガオール」、香辛料のターメリックに含まれる「クルクミン」、きのこ類に含まれる「βグルカン」、緑茶に含まれる「カテキン」など、がん予防に効果があるといわれている成分はたくさんあります。色々な食品を試してみて、自分の身体に合ったものを発掘してみるのも良いかもしれません。

 

がんと食事

ウモ・ウモグリーン