働く世代とがん

働く世代とがん

 

現在、日本では毎年約70万人が、がんに罹患しているといわれています。そして毎年30万人以上が、がんが原因で亡くなっています。

 

新たにがんに罹患する約70万人のうち、約3割が成年(20歳から64歳)です。この成年は「働く世代」であり、労働力のメインです。

 

働く世代の多くは家族をもっており、その大黒柱ががんに罹患した場合、本人だけでなく、その家族にも深刻な影響を与えてしまいます。がんに罹患することによる経済的損失は計り知れません。

 

「会社員の死亡原因の半分はがんである」といわれています。また、がんに罹患した会社員の3割以上が職を失っているというデータもあります。

 

「働く世代」である成年は、仕事上でのストレスや日々の運動不足、不規則な生活や飲酒・喫煙など、非常にがんに罹患しやすい状況下で生活しています。このような生活を数年~数十年続けていくことで、「がんに罹りやすい身体」に近づいていきます。

 

昨今では、嘱託社員などを積極的に採用している企業も多く、定年退職後も会社員として働く人が少なくありません。「働く高齢者」の数が増え続けている現代において、社会全体でのバックアップはもちろんのこと、個人レベルでのセルフケアがより一層重要になってきています。

 

がんについて

ウモ・ウモグリーン