がんという病気

がんという病気

 

がんは、遺伝子のコピーミスが積み重なることによって生まれるといわれています。一般的に、年齢が上がるごとにがんの罹患率も上昇します。これは、がん細胞を抑制する免疫細胞が年齢を重ねるごとにパワーダウンしていくためです。

 

この免疫細胞が、毎日数千個発生するといわれているがん細胞を見逃した場合、たった一つのがん細胞でも、長い年月を経て分裂を繰り返して、検査で確認できる規模のがんに成長します。

 

検査で見つかる大きさにがんが成長するまでには、十数年~数十年かかります。中高年にがん(検査で確認できるがん)が多いのは、このためです。統計的には、50歳を過ぎた頃から、急激にがんの罹患率が上昇します。

 

今や日本は、世界でもトップクラスの長寿国ですが、「がんは長生き病である」という言葉もあるように、長寿とがんは密接な関係にあります。「長生きする」ということは、「より一層がんに近づく」ということです。

 

しかし、「若い=がんに罹りにくい」というわけではありません。小児がんに罹患するケースや、20代、30代でがんに罹患するケースも多く見られます。

 

今や日本国民の2人に1人が、一生涯のうちに一度はがんに罹るといわれており、「がんと共に生きる社会」になりつつあります。がんというだけでやみくもに敬遠せずに、一人でも多くの方に、がんについての知識を蓄えてほしいと思います。もちろん、私もその中の一人です。

 

がんについて

ウモ・ウモグリーン