がんを「想像上のモンスター」にしない

がんを「想像上のモンスター」にしない

 

がんという病気に対して、「一度なったらどうしようもない」「早期に発見できなければ終わり」というイメージを持っている人も少なくありません。一昔前と比べて医療技術が高度に発達した現代においても、がんという病気は相変わらず「恐怖の対象」のままです。

 

ただ、一口にがんといっても様々であり、治る見込みがあるがんもあれば、そうではないがんもあります。がんという病気を一緒くたにして必要以上に怯えるのは、あまり賢い態度とは言えません。「がんの程度」を推し量って、しっかりと向き合うことが大切です。

 

がん患者の中には、がんという病気を「想像上のモンスター」としてとらえている人もいます。がんなどの重篤な病気にかかるとネガティブなイメージを抱きがちになるので、実際のがんを置き去りにして、「想像上のがん」がどんどん凶悪化していってしまうのです。現実の世界とは違って、想像の世界には限界がありません。そのため、想像上のがんは、容易にモンスター化してしまいます。

 

これはがんに限らず、あらゆる事象についても言えることですが、物事の表面だけをみて判断するのではなく、その根っこまでしっかりと確認した上で、客観的に判断するように努めることが大切です。表面だけをみて下した評価と、表面と根っこをみて下した評価は全く異なります。「木を見て森を見ず」ということわざもあるように、物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失わないようにすることが大事です。

 

がんについて

ウモ・ウモグリーン