延命に固執する危険性

延命に固執する危険性

 

がんに限らず、病気の治癒が見込めなくなった場合、治療の目的は治癒から延命に変わります。患者の中には、「治癒が見込めないのであれば、治療をしても意味がない」と考えている人もいますが、そんなことはありません。延命というのは、治療を行う上で重要な目的になり得ます。

 

そもそも「長生きしたい」という気持ちは、人間に本来的に備わっているものです。そのため、治療の目的が治癒から延命に変わったとしても、「長生きを目指す」という根本の目的は変わりません。

 

また、「どの程度長生きしたいか」は人によって大きく異なります。「ありとあらゆる治療を行って、一分一秒でも長生きしたい」という人もいれば、「ほどほどの治療を行って、無理のない範囲で長生きしたい」という人もいます。長生きへの執着度は千差万別です。

 

ただ、長生きへの執着度が高い人の場合、それなりのリスクを覚悟しておかなければなりません。医療技術が飛躍的に向上した現代においても、人の寿命を自由自在に延ばすことは不可能です。その不可能なことに「割って入る」わけですから、そこには相当な無理が生じることになります。

 

もちろん、延命を望むこと自体は悪いことではありません。ですが、延命に固執することは非常に危険です。患者の延命を望む人はたくさんいても、「延命さえできれば、患者がどのような状態になっても構わない」という人はほとんどいません。「延命の形態」を思い描くことは、「患者の人生の終末」を思い描くことなのです。

 

がん治療

ウモ・ウモグリーン