延命は「一時しのぎ」にすぎない

延命は「一時しのぎ」にすぎない

 

これはがん患者に限った話ではありませんが、患者の中には「延命第一主義」の人が少なくありません。延命第一主義とは、文字通り、延命を最優先事項に据えている人のことを指します。医療技術の向上が著しい昨今において、延命を重要視する人の数は増え続けています。

 

世の中には、「延命するのは良いことである」と考えている人がたくさんいます。確かに、延命にも良い部分はあります。ですが、良い部分だけではなく、悪い部分もあることを忘れてはいけません。良い部分だけに目を向けていては、物事の本質をつかむことは不可能です。

 

そもそも延命というのは、「一時しのぎ」にすぎません。ほとんどの場合、たとえ延命できたとしても、数ヶ月がせいぜいです。他のあらゆる医療行為と同様に、延命にも「明確な限界」があります。

 

「たとえ数ヶ月でも、延命できるのであれば延命するべきだ」という意見もあるかもしれません。ですが、そのような意見をもつ人の大半には、「延命した期間で何をするのか」という視点が欠けています。延命した期間に何もできないのであれば、延命した甲斐がありません。

 

人生の価値は、「どれぐらい長く生きたか」ではなく、「どれぐらい濃く生きたか」で決まります。長寿というのは、必ずしも良いことではありません。「長く生きさえすれば良い」という考え方は、人生を見据える目を確実にくもらせます。

 

延命というのは、オアシスのようなものです。オアシスにいつまでもとどまっている旅人はいません。「一時しのぎに甘んじないこと」は、人生における重要課題の1つであるといえます。

 

その他

ウモ・ウモグリーン