がん

遺伝子検査について

 

遺伝子検査とは、遺伝子に変異がないかどうかを調べるために行う検査です。遺伝子に変異が認められた場合、重篤な病気や機能異常を引き起こす可能性があるので、何らかの予防策が講じられることもあります。

 

一口に遺伝子検査といっても様々なものがあります。がんの遺伝子検査の場合、PET検査などでは確認することができない微小がんやがんの前段階の遺伝子異常を発見することが可能です。早期段階で遺伝子の異常を把握しておくことで、治療が後手に回るのを防ぐことができます。

 

がんに限らず、病気というのは、発症してから治療するよりも、発症しないように予防する方が遙かに大事です。病気の治療というのは「後追いの治療」であり、言うなれば後退戦です。後退戦というのは、時間が経てば経つほど、苦戦を余儀なくされます。後退戦という泥沼に陥らないためにも、遺伝子検査などの予防医療を積極的に受けるようにしましょう。

 

ただ、予防医療を受けてさえいれば病気にはならない、ということではありません。たとえ最先端の予防医療を受けていたとしても、病気になるときはなります。予防医療というのは「病気にならないための医療」ではなく、「病気になる可能性を減らすための医療」なのです。

 

予防医療に対して過剰な期待を抱いている人も少なくありません。期待を抱くのは自由ですが、過度な期待は失望の要因になります。予防医療というのは、お守りのようなものです。お守りを持つことで「精神の安定」を図ることは可能ですが、「身体の安定」を図ることは不可能です。これは予防医療に限った話ではありませんが、特定の事象と接する際には、適度な距離を保ちながら接することが大切です。

 

がん予防

がんの再発予防としての漢方薬利用

 

漢方薬は、がんの再発予防としても利用されています。がんの再発予防として利用されているのが「抗がん漢方薬」と呼ばれる種類の漢方薬です。抗がん漢方薬は、文字通り、「がんに抗うための漢方薬」です。

 

がん治療が一通り終わって、医師からのお墨付きを得たがん患者が最も懸念するのが、がんの再発です。がんの種類や病期によって再発率は変動しますが、日々の生活の中で再発予防を心がけなくてはならないという点では一緒です。

 

もちろん、どんなに徹底してがんの再発予防策を行っていたとしても、再発するときは再発します。がんが再発するかどうかは運に依る部分が非常に大きいので、がん患者がいかに努力をしようとも、がんの再発率を大きく低下させることはできません。

 

ただ、「がんの再発予防策を行ったとしても、再発率を大きく低下させられないから、なにもしない方が良い」ということにはなりません。再発率を大きく低下させられなくても、小さく低下させることはできます。その「小さな低下」に効果を発揮するのが、抗がん漢方薬などの漢方薬です。

 

抗がん漢方薬を利用することによって、身内の免疫力を高めると同時に、血液の循環や新陳代謝の改善効果が期待できます。抗がん漢方薬を上手く利用して、がんの再発予防に役立てましょう。

 

がん予防

1 2 3 39