がん

ダイエットサプリについて

 

女性の中には、「ダイエットサプリ」を日常的に摂取している人も少なくありません。検索サイトの検索窓に「ダイエット」という単語を入力すると、「ダイエット サプリ」という検索候補が上位に表示されることからも、その関心の高さが窺えます。

 

昔も今も、世間には様々なダイエット法が溢れています。「がんの特効薬」の登場を夢見るがん患者のように、「ダイエットの特効薬」の登場を夢見る女性がたくさんいます。私は男なので、ダイエットにそれほど関心はありませんが、女性にとってのダイエットというのは、ライフワークのようなものなのでしょう。

 

原理的には、ダイエットをするのは簡単です。要は、消費カロリーを摂取カロリーが上回らなければ、原理的に太りません。ですが、この世のあらゆる事象は原理通りには動きません。「食べる量を減らして、適度な運動を続けていれば、太ることはない」と頭では理解していても、身体が必ずしもその通りに動くわけではないのです。

 

ダイエットをするのが難しい理由は、身体の構造にあります。ダイエットのために食事制限を行うと、身体が「飢餓状態」と認識して、脂肪を蓄えようとします。また、筋肉量も落ちて代謝が下がるため、余計に痩せにくい身体になります。ダイエットをしようとすることが、ダイエットから遠ざかることになるのです。

 

また、食事制限は、様々な害を身体にもたらします。食べる量を 制限することによって、「ストレスホルモン」が生産されます。ストレスホルモンは、筋肉を分解して脂肪に変える役割を果たします。このような悪循環を断ち切るためには、「脂肪を蓄えにくい身体」に近づける必要があります。脂肪を蓄えにくい身体に近づくためには、継続的かつ適度な運動が不可欠です。

 

ダイエットサプリは、「脂肪を蓄えにくい身体へ近づくためのサポート役」としては、ある程度有効です。しかしながら、あくまでもサポート役にとどまります。 「ダイエットに向けて努力する主体はあくまでも自分自身である」という大前提を忘れないことが、ダイエットの成功(目標達成)につながります。

 

がんと食事

サプリメントの3つの種類

 

サプリメントには、ベースサプリメント、ヘルスサプリメント、オプショナルサプリメントの3つの種類があります。この3つの種類のうち、私達がイメージする一般的なサプリメントは、ベースサプリメントとヘルスサプリメントです。オプショナルサプリメントは民間療法に近いタイプのものであり、ベースサプリメントやヘルスサプリメントとは一線を画しています。

 

各サプリメントの主な特徴は以下の通りです。

 

ベースサプリメント

 

健全な身体の維持を目的としたサプリメント。ビタミンやミネラルなどが含まれている。

 

ヘルスサプリメント

 

健康の向上を目的としたサプリメント。イソフラボンやカテキンなどが含まれている。

 

オプショナルサプリメント

 

症状の改善を目的とサプリメント。薬草やハーブなどが含まれている。

 

サプリメントの基礎となるのは、その名の通り、ベースサプリメントです。日本人の大半は、ビタミンやミネラルが不足しているといわれています。そのため、ビタミンやミネラルの不足分をベースサプリメントで補おうとする姿勢は大切です。もちろん、サプリメントから栄養を摂るのではなく、食事から栄養を摂るのがベストです。サプリメントを摂るという選択肢は、ベストではなくベターです。

 

栄養をバランス良く摂るためには、野菜にも気を遣う必要があります。野菜は、旬によって栄養価がまったく異なります。ほとんどの野菜の旬は、3ヶ月程度です。そのため、同じ種類の野菜を摂っていても、1年の大半は「旬以外」なのです。旬の時期に、栄養価の高い野菜をたくさん食べる(食べ続ける)のはとても大変です。ベースサプリなどのサプリメントを有効活用して、栄養不足を補いましょう。

 

がんと食事