がん

がんによる症状の影響は計り知れない

 

がんによる症状の影響というのは、計り知れないものがあります。がんによる症状は様々ありますが、それらの症状の影響によって、がん治療の進行が阻害されることも少なくありません。これはがんに限らず、あらゆる重篤な病気(命を落とす可能性が高い病気)についても言えることですが、最も警戒すべきなのは「病気そのもの」ではなく、「病気の周辺部にあるもの」なのです。

 

「将を射んと欲すればまず馬を射よ」ということわざがあります。これは、大きな目的を達するためには、それに直接あたるよりも、周辺のものからかたづけていくのが早道である、という意味のことわざです(ことわざはフィクションですが、一定の真理は含まれていると思います)。ゲームと同様に、いきなりラスボスに挑んでも、倒せる可能性はほどんどありません。一気にクリアしようとせずに、地道な作業を続けることが大切です。

 

がん患者の大半は、「がんを治すこと」を目的に置いて、がん治療を受けています。もちろん、がんの治癒を目的に置くのは悪いことではありません。ですが、がんという病気は、治すのがとても難しい病気です。がんが治癒したというケースにしても、「がんが治癒したとみなしても構わない」という「みなし治癒」であるケースが少なくありません。それほどまでに、がんという病気の治癒の判断は難しいのです。

 

がんという病気を治すためには、様々な回り道を経る必要があります。「一足飛びでがんを治すこと」はできません。がんという本丸を落とすためには、外堀を地道に埋めていく作業が不可欠です。いかに丁寧かつ効率的に外堀を埋められるかで、本丸を落とせるかどうかが決まるのです。

 

がんについて

がんの状態を「普通の状態」として捉える

 

がん患者の中には、がんの状態を「異常な状態」として捉えている人も少なくありません。がんではない状態が「普通の状態」であり、今現在がん治療に取り組んでいるのは、普通の状態に戻るためである、という意識が根底にあるのです。

 

もちろん、どのような意識があったとしても、がん治療に熱心に取り組むのは良いことです。様々な意識が混在していてがん治療に取り組むことができないよりも、極端でも強固な意識が存在していてがん治療に取り組むことができる方が遙かに上等なのは言うまでもありません。

 

しかしながら、がんの状態を異常な状態として捉えることには大きなリスクが伴います。もしもがんが治らなかった場合、異常な状態の中で生きていかなければならなくなるため、「生きる幅」が大幅に縮小することになります。生きる幅が縮小することによって得られるメリットなど、何一つとしてありません。

 

がん治療を受ける目的は千差万別ですが、強引に1つにまとめるならば「がんの状態を普通の状態として捉られるようになるため」でしょう。がんの状態を普通の状態として捉えられるようなれば、がんが治ってもがんが再発しても、大きく揺さぶられることがなくなります。「諦念」と言ってしまえばそれまでですが、むやみやたらと心を煩わせるよりはマシです。

 

期間限定であれば、「自分は異常な状態にある」という現実にも耐えることができるでしょう。ですが、その状態が何年も続くとなれば話は別です。異常な状態が長期間に渡って続くのであれば、それはもう普通の状態です。不景気が数十年続くと、それが常態になるのと同じです。がんの自分とがんではない自分を分け隔てなく扱うことが、「状態異常の罠」に陥らないための唯一にして最大の方法であると言えます。

 

がんについて