がん

がんになっても入れる保険「生きるためのがん保険 寄りそうDays」

 

がんになっても入れる保険は様々ありますが、その中でもとくに有名なのが、アフラックの「生きるためのがん保険 寄りそうDays(以下「生きるためのがん保険」)」です。この保険は、過去にがんを経験したことがある人が申し込めるという、文字通りの「がん患者のための保険」です。

 

生きるためのがん保険は、過去5年以内にがんの診断や治療を受けておらず、また治療を受けるようにすすめられていない人が申し込むことができます。がん治療において、「がん治療を受け終わってからの5年間」は1つの目安になります。そのため、その目安をクリアした人をターゲットとしているのです。

 

ただ、がん治療を受け終わってから5年たってさえいれば、生きるためのがん保険に無条件で加入できるわけではないので注意が必要です。加入希望者の健康状態によっては、この保険に加入できない場合もあります。「がん治療後5年」というのは、最低限クリアしなければならないハードルであり、その他にも様々なハードルが設けられているのです(これはあらゆる保険商品に当てはまることです)。

 

また、生きるためのがん保険のユニークな点として、「過去にがんを経験したことがない人」はこの保険に加入することができない、というものがあります。「がんの経験者か否か」で明確な線引きをしているのがこの保険の最大の特徴です。がんを経験したことがない人は、アフラックの他のがん保険に申し込むことができるので心配は要りません。

 

がん保険

がんになっても入れる保険「メディコムワン」

 

「がんなどの重篤な病気になったら、保険には入れない」というイメージを持っている人は少なくありません。確かに、がんなどの重篤な病気になったら、保険に入ることは難しくなります。ですが、「保険に加入するための難易度」は、各保険によって大きく異なります。Aの保険には門前払いされたけれども、Bの保険には比較的容易に加入することができた、というケースは少なくありません。

 

近年では、がん患者やがんを経験した人でも入れる保険が増えています。しかしながら、子宮筋腫などの良性の腫瘍や、大腸の粘膜内がんなどは対象外だったりするので注意が必要です。また、保険料にしても、通常のがん保険よりも割高である場合が多いので、保険のパンフレットなどをしっかりと読み込む必要があります。

 

女性のがん患者におすすめの保険としては、「メディコムワン」などがあります。メディコムワンは、セコム損保が販売している、乳がんを経験したことがある女性専用のがん保険です。乳がんが再発したり、転移したりした場合はもちろんのこと、乳がん以外のがんにかかった場合もカバーされるので心配は要りません。

 

メディコムワンは、「ピンクリボン運動」がきっかけとなって生まれました。ピンクリボン運動とは、乳がんで亡くなったアメリカの患者の家族が「このような悲劇 が繰り返されないように」という願いを込めて作ったリボンからスタートした、乳がんの啓発運動です。現在では、ピンクリボン運動は、世界的な広がりを見せています。

 

乳がんは、女性が最もかかりやすいがんです。30代から50代という、働き盛りの時期に罹患率のピークを迎える、とてもやっかいながんです。メディコムワンは、乳がんを経験した全ての女性の「確かな支え」になり得ます。

 

がん保険