がん

がんを「想像上のモンスター」にしない

 

がんという病気に対して、「一度なったらどうしようもない」「早期に発見できなければ終わり」というイメージを持っている人も少なくありません。一昔前と比べて医療技術が高度に発達した現代においても、がんという病気は相変わらず「恐怖の対象」のままです。

 

ただ、一口にがんといっても様々であり、治る見込みがあるがんもあれば、そうではないがんもあります。がんという病気を一緒くたにして必要以上に怯えるのは、あまり賢い態度とは言えません。「がんの程度」を推し量って、しっかりと向き合うことが大切です。

 

がん患者の中には、がんという病気を「想像上のモンスター」としてとらえている人もいます。がんなどの重篤な病気にかかるとネガティブなイメージを抱きがちになるので、実際のがんを置き去りにして、「想像上のがん」がどんどん凶悪化していってしまうのです。現実の世界とは違って、想像の世界には限界がありません。そのため、想像上のがんは、容易にモンスター化してしまいます。

 

これはがんに限らず、あらゆる事象についても言えることですが、物事の表面だけをみて判断するのではなく、その根っこまでしっかりと確認した上で、客観的に判断するように努めることが大切です。表面だけをみて下した評価と、表面と根っこをみて下した評価は全く異なります。「木を見て森を見ず」ということわざもあるように、物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失わないようにすることが大事です。

 

がんについて

「最適な健康法」は人によって異なる

 

世の中には様々な健康法が溢れていますが、「最適な健康法」は人によって異なります。ある人にとっては身体に良いことでも、ある人にとっては身体に悪いことであるケースも少なくありません。これは健康法に限らず、あらゆる事象にも言えることですが、大勢に惑わされずに、オリジナルを創出するように努めることが大切です。

 

オリジナルの健康法を創出するためには、「自分の身体の声」にしっかりと耳を傾ける必要があります。自分の身体というのは、生きる上でのベースとなるものです。生きる上でのベースが脆弱だったり、頻繁に不具合が発生したりしていたら、生命力が著しく損なわれてしまいます。身体に限らず、「依って立つところ」をしっかりと整備しなければ、芳しい成果を得ることはできません。

 

よく、「身体に良いから」という理由で、様々な健康食品を口にしている人がいますが、あまり賢明な姿勢とは言えません。そもそも「身体に良い」とはどういうことなのでしょうか。例えば、「短期的に身体に良い」か「長期的に身体に良い」かで、その様相は大きく異なります。身体に良いという言葉で片付けてしまうのは簡単ですが、簡単なものというのは、得てしてその後始末が面倒なものなのです。

 

「がんの特効薬」が存在しないのと同様に、「誰にでも通用する健康法」というものは存在しません。健康法という安易なものに飛びつかないようにすることが、唯一にして最大の健康法であると言えます。

 

その他